• home
  • コラム
  • プロジェクトマネジメント全般 第4回

コラム

 

プロジェクトマネジメント全般に関するコラム

第4回:「ダメなPM」

 

 

先日、村上龍さんのエッセイ「ダメな女」を読みました。 何年か前に村上さんが女性誌に書かれた「ダメな女」をテーマにした連載エッセイをまとめられたものでした。

従って、村上さんが想定された読者は女性だった訳ですが、男の私でもとても面白く読むことができました。

 

そもそも「ダメな女」なんて、テーマ自体が難しいテーマなので、村上さんも話題の設定には苦労されたようで、「こういう女性はダメだ・・・」という考えも回を重ねるうちに変化しているように思える記述があったりしたのですが、それはそれなりに面白かったです。

 

ただ、一貫して村上さんが「ダメな女」の特徴として考えられているのは、以下の3点だと感じました。

 

(1) リスクを取れない女性

(2) 危機感の無い女性

(3) 依存している女性

 

これらの特徴は、それぞれ関連していて、鶏と卵のような関係かもしれませんね。

 

また、女性読書向けのエッセイだったから「ダメな女」というテーマが設定されたわけですが、上記ポイントは別に女性に限った話ではない、ですよね。

むしろ男性こそ考えなければならないことなのかもしれません。

と思った時、これは、そのまま「ダメなPM」の特徴としても考えることができることに気付きました。

 

「システム開発プロジェクト」は全て投資案件です。

(システム開発に限らず、全てのプロジェクトは投資なのでしょう。)

従って、リスクの無いプロジェクトは存在しません。

 

PMにはそのリスクに対し、積極的に対峙し、マネジメントすることが求められます。

 

(1) リスクを取れないPM

(2) 危機感の無いPM

(3) 依存しているPM

 

当たり前のことのようにも思えますが、こうならないようにすることは、"以外に簡単ではない"のかもしれません。

 

最後に蛇足ですが、「ダメな女」で"ダメな女性"の話しを読んだので、その流れで田口ランディさんの「馬鹿な男ほど愛おしい」で"馬鹿な男性"の話しも読でみました。 これは男女間の話しを中心としたエッセイでしたが、同様にとても面白かったです。(PMとは関係ないですが・・・・・)

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ