会社概要

 

会社名

有限会社ピアーズ

本社所在地

〒276-0049 千葉県八千代市緑が丘1-25-5 
Tel. (047) 458-1437

設立

2000 年 10 月

代表者

取締役  村松 倫明

お問い合せ

info@peers.co.jp

資本金

335万円

主な事業内容 プロジェクトマネジメントコンサルティング
プロジェクトマネジメント教育
IT調達マネジメントコンサルティング
IT調達マネジメント教育
情報処理に関わる
資格取得者数及び
その名称

特種情報処理技術者(1名)
マイクロソフト認定トレーナー

(Microsoft Solutions Framework)(1名)

 

↑ページトップへ

 

 

ご挨拶

 

"物事の新しい体系を作り出すことほど、計画が難しく、成功が疑わしく、管理のしにくいことはない”
マキャベリNiccolo Machiavelli(ルネッサンス期イタリアの政治家・思想家。君主論。1469~1527)

 

“情報システムを開発すること”はまさに“新しい体系を作り出すこと”です。マキャベリは、500年も前からシステム開発の困難さを予言していた訳です。

 

1995年にStandish Groupが北米にて行った調査より、8,380のシステム開発事例の内80%強の事例において、中止ないしスケジュールや予算の大幅超過等の重大な問題が発生していたことが報告されています。

システム開発の成功は簡単には得られない、のです。

2001年の現在でも、この比率は決して小さくなってはいないのではないでしょうか?むしろ私たちは、よりいっそう困難な問題に直面してきていると言えます。

 

「インターネットの出現により、開発インフラや環境が一新され、過去の経験やスキル・リソースが利用できない。」

「企業経営環境の悪化により、開発コストは削減されるが、企業生き残りのための新機能への要件は増加している。」

「市場環境や経済環境の変化が激しく、経営戦略、IT戦略の変更もスピードと大胆さが要求される。」

今、システム開発プロジェクトに課せられた、

「ビジネス要件の変化に柔軟に対応したい。」

「変化に対応しながら、リスクを最小化しつつ、進むべき道を正しく制御していきたい。」

「強引な辻褄合わせや突貫工事ではなく、健全な運営に基づく成功を実現したい。」

といった困難な課題に対して、私たち“PEERS(ピアーズ)”はプロジェクトマネジメントコンサルティングファームとしてトータルな解決策を提供します。

 

↑ページトップへ

 

 

企業ビジョン・企業スコープ

 

■■ピアーズ社の「カンパニー・ビジョン」■■
効率的な組織活動を支援し、健全な運営と成功に貢献する

 

無理な計画、強引な作業実施により、目標期日や機能実現を達成する事を「成功」と呼ぶのではなく、「健全な運営」に基づきプロジェクトが「成功」することを目標とするプロジェクトマネジメントに貢献します。


■■ピアーズ社の「カンパニー・スコープ」■■

フレームワーク、技法、ツールを融合した理論的であり、かつ実践的なソリューションを提供する

 

標準的で広く認められた理論に基づく、フレームワークや個々の技法/ツールを、単なる理論の紹介に留まらず、実プロジェクトに有効活用できる「具体的な形」で提供いたします。
「具体的な形」とは、個々のプロジェクトにより異なりますが、例えば、「OJTとして実際に作業方法を提示すること」、「テンプレートやマニュアルとして提示すること」、等を想定します。

 

ページトップへ